Pc-Trace

<< 2021年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31




RSS

Ringworld
RingBlog v3.23

< next Sketchupの記事 prev >

OScoolean演算の実践

また過去記事の追記になってしまうが、「OScoolean」プラグインでブーリアン演算した場合の実践動画(SketchUp7では動作しないため、SketchUp8専用のプラグインなのか不明。)。
メニューパレットの右側から順に、実行してみた。

個人的にはマウス右クリックで実行できる「面を交差」→「モデルと交差」で作業が間に合ってきたため、特にこのプラグインの必要性を感じる事は無かった。
ただ、カットした後の面を張る作業が軽減されるため、便利。
操作上の注意点は主に二つで、

(1) 作業前に、立体化したオブジェクトをその都度、グループ化しておく事。
(2) 求める結果は、指定していくオブジェクトの順番で決まるため、複数のオブジェクトがからむ場合、最初の選択が重要。

※実行後、カットされた面は反転するため、必要があればグループを解除(「分解」)した後、面を反転して整える必要がある。



---------------------------------------------------------------

次の3D化・目標(経キン台)図面
(※伝統的な基本形を元に、機械加工に適した木取りや構造に変えて設計したPc-Traceのオリジナル図面ですが、繰形など一部変更を加え、現在でも多くの仏壇店や、木地屋で製作されているため、図面寸法は省略します。)


今回利用したプラグイン
添付ファイル 添付ファイル


< next prev >